TheQueenDay2019(background4).jpg

2018_0414-TheQueenDay(key-visual)2.png



1979-2.jpg
                                      PHOTO : KOH HASEBE




2018_0414-TheQueenDay(TOP)1.png




2018_0414-TheQueenDay(TOP)2.png




2018_0414-TheQueenDay(TOP)3.png

NEWS

区切り.png

日本中のクイーン・ファンが一堂に会するイベント「クイーン・デイ」
5回目を迎えた今年はアルバム「ライブ・キラーズ」リリース40周年を記念して
8都市15本とクイーン来日史上最大規模となった
「JAZZ TOUR 1979」を特集!!

1975年4月17日。クイーンが初めて羽田空港に降り立ち日本の地を踏んだ日。この日を境に日本とクイーンの幸せな関係が始まりました。
4月17日をクイーンの日(The Queen Day)と制定し、初来日から40年目の2015年にクイーンの・ファンにとっての聖地、羽田空港にて第1回「ザ・クイーン・デイ」を開催しました。以来、毎年4月17日近辺の土曜日に開催、5回目となる今年はリリース40年目を迎えるアルバム「ライブ・キラーズ」と3回目の来日公演「JAZZ TOUR 1979」にスポットを当てたトーク&ライブ・パフォーマンス!

1975年、1976年と2回の来日公演を経て世界のトップスターに昇りつめたクイーンが3年振りに日本に凱旋したのが1979年のJAZZツアー。これまで育ててくれた日本への恩返しとばかりに国内8会場、15本、滞在日数27日間に及ぶ空前の規模の日程が組まれました。これはクイーン6回の来日ツアーの中でも最大。ピザ・オーヴンと呼ばれた巨大な照明板が開きWe Will Rock You(Fast Version)で幕を開けたコンサートは、息を呑むような美しい照明システムとサウンドがシンクロする誰もが見たことのないロック・ショウ。従来の聴かせるコンサートから、見て聴いて楽しめる本格的なエンターテイメント・ショウの到来を感じさせる素晴らしいもの。この時のコンサートの凄さは今でも語り草になっているほど。
そしてこのJAZZ TOUR、多くのファンが待ち望んでいたのがアルバム「華麗なるレース」に収められた日本語曲「手をとりあって- Let Us Cling Together」。ブライアン・メイの弾くピアノに寄り添うように歌うフレディ・マーキュリーの姿を見て会場中が感動に涙に包まれた。さらにファンを喜ばせたのはJAZZ TOURが終わった1ヶ月半後にリリースされたクイーン初のライブアルバム「ライブキラーズ」。ジャケットは日本公演を撮影した長谷部宏の写真だと知って日本のクイーン・ファンは誇らしく思ったものだ。
クイーン・デイVol.05では、その「ライブキラーズ」のジャケットを撮影したカメラマン、長谷部宏をトークゲストに迎える。音楽雑誌ミュージックライフで殆どのクイーンの写真を撮ったキーパーソンだ。
もうひとりのトークゲストは日本にクイーンを広しめた張本人であるミュージック・ライフの元編集長の東郷かおる子。意外にもクイーン・デイには初登場。
クイーンのメンバーと最も近くにいた二人が揃い踏みする豪華なトークセッションに続き、ライブ・パフォーマンス・コーナーには第1回クイーン・デイにも出演したQUEER(クイーア)が再登板。イベント開催日のちょうど40年前にあたる1979年4月13日(金)の日本武道館のセットリストを再現。さらに時空を超えて映画「ボヘミアン・ラプソディ」で話題となった1985年7月13日ライブエイドの18分間を完全再現する2本立てのライブ・パフォーマンス。
2019年4月13日はクイーンが大好きな皆さまを懐かしいあの頃にお連れします!

石角隆行(クイーンデイ構成・MC担当)

参考資料
QUEEN JAPAN TOUR 1979/代表的なセットリスト
01.ウィ・ウィル・ロック・ユー/WE WILL ROCK YOU
02.ウィ・ウィル・ロック・ユー(Fast Version)/WE WILL ROCK YOU
03.レット・ミー・エンターテイン・ユー/LET ME ENTERTAIN YOU
04.愛にすべてを/SOMEBODY TO LOVE
05.うちひしがれて/IF YOU CAN'T BEAT THEM
06.メドレー:デス・オン・トゥー・レッグス/DEATH ON TWO LEGS ~
     キラー・クイーン/KILLER QUEEN~
     アイム・イン・ラヴ・ウィズ・マイ・カー/I'M IN LOVE WITH MY CAR~
     ゲット・ダウン・メイク・ラヴ/GET DOWN, MAKE LOVE ~
     マイ・ベスト・フレンド/YOU'RE MY BEST FRIEND
07.誘惑のロックンロール/NOW I'M HERE
08.手をとりあって/TEO TORRIATTE (Let Us Cling Together)
09.ドント・ストップ・ミー・ナウ/DON'T STOP ME NOW
10.ドリーマーズ・ボール/DREAMER'S BALL
11.ラヴ・オブ・マイ・ライフ/LOVE OF MY LIFE
12.'39
13.イッツ・レイト/IT'S LATE
14.ブライトン・ロック/BRIGHTON ROCK
15.炎のロックン・ロール/KEEP YOURSELF ALIVE
16.ボヘミアン・ラプソディ/BOHEMIAN RHAPSODY
17.タイ・ユア・マザー・ダウン/TIE YOUR MOTHER DOWN
<1stアンコール>
18.シアー・ハート・アタック/SHEER HEART ATTACK
<2ndアンコール>
19.ウィ・ウィル・ロック・ユー/WE WILL ROCK YOU
20.伝説のチャンピオン/WE ARE THE CHAMPIONS
21.ゴッド・セイブ・ザ・クイーン/GOD SAVE THE QUEEN
※QUUERはこのセットリストから抜粋して演奏予定。

QUEEN @WEMBLEY STADIUM 1985.07.13(LIVE AID)
01. ボヘミアン・ラプソディ/BOHEMIAN RHAPSODY
02. レディオ・ガ・ガ/RADIO GA GA
03. ハマー・トゥ・フォール/HAMMER TO FALL
04. 愛という名の欲望/CRAZY LITTLE THINGS CALLED LOVE
05. ウィ・ウィル・ロック・ユー/WE WILL ROCK YOU
06. 伝説のチャンピオン/WE ARE THE CHAMPIONS

区切り.png

MUSIC LIFE CLUB Presents
The Queen Day Vol.5
〜QUEEN JAPAN TOUR '79/40周年記念〜

2019年4月13日(土)
TIAT SKY HALL
(羽田空港国際線旅客ターミナル4F)
OPEN 15:30 / START 16:00
前売 ¥5,000(税込•オーダー別) 完売御礼
※入場時にドリンク代¥600が別途必要です
※当日券未定。販売される際はお知らせします。
座席形態:指定席
区切り.png
主催 : MUSIC LIFE CLUB / CITTA'WORKS
企画制作CITTA'WORKS / 六角堂
後援:InterFM897
協力:ユニバーサル ミュージック / シンコーミュージック・エンタテイメント
区切り.png

2018_0414-TheQueenDay(FB_banner).jpg2018_0414-TheQueenDay(FB_banner).jpg
https://www.facebook.com/MUSIC-LIFE-CLUB-presents-The-Queen-Day-215768168974235/

区切り.png

TICKET

オフィシャル先行発売(先着) 2月12日(火) 16:002月24日(日) 23:59
【受付URL】http://w.pia.jp/t/tqd5-of/
プレイガイド一般発売 3月2日(土) 10:00より
チケットぴあ http://w..pia.jp/t/tqd5-of/ 0570-02-9999(Pコード:142-780
イープラス(e+) https://eplus.jp/thequeenday_5/

☆ 特 典 ☆
1979年4月13日・日本武道館公演メモリアルチケット
入場時に配布)

区切り.png

PROGRAM

直前予習講座
1979年のクイーン / 講師:石角隆行
区切り.png
ライブ第1部
1979年4月13日日本武道館セットリスト再現(抜粋)
演奏:QUEER(クイーア)
区切り.png
▶ Special Talk Time ◀
【 トークゲスト 】
DSC_2045c.jpg
右:東郷かおる子(ミュージックライフ元編集長)
左:長谷部 宏
(写真家/クイーン全来日公演及び『ライブ・キラーズ』のジャケット写真撮影)
区切り.png
ライブ第2部
1985年7月13日 ライブエイド・セットリスト完全再現
演奏:QUEER(クイーア)
区切り.png
総合MC&構成:石角隆行(クイーン研究家)

区切り.png
▶ Live Performance ◀
Queen Tribute Band : QUEER (クイーア)

queer2018.jpg


QUEENのメンバーそれぞれをこよなく愛するメンバーが集まり2011年に結成。
LEGEND OF ROCK(洋楽ROCK TRIBUTE EVENT)を中心に積極的なライブ活動を実施。
SUMMERSONICや日比谷野音での演奏に加え、QUEEN関連のオフィシャルイベントにも出演。
クイーン・デイには第1回(2015)以来、2度目の参加。
2012年にはロンドンやブライトンでライブを行い、連日地元QUEENファンで満員の中、大成功を収める。
QUEENのライブパフォーマンスと世界観の再現を目指す。

———————————————————————
QUEER Official Website
http://www.queer-web.co.uk/

Facebook
https://www.facebook.com/QUEER-as-QUEEN-205363056165439/

区切り.png

ACCESS

TIAT-SKY-HALL-LOGO(350-50).png

〒144-0041 東京都大田区羽田空港2-6-5
羽田空港国際線旅客ターミナル 4F
TEL: 03-6428-0456 / FAX: 03-6428-0457
http://tiatskyhall.jp

※TIAT SKY HALLの駐車場はございません。なお、羽田空港内の道路や駐車場は混雑が予想されますので、お越しの際は電車やバスなどの公共交通機関をご利用ください。

電車・モノレール

羽田空港国際線旅客ターミナルビルは、京急線「羽田空港国際線ターミナル駅(地下)」と、東京モノレール線「羽田空港国際線ビル駅(3階)」と直結しています。運行スケジュール、運賃等の詳細は各社サイトをご覧ください。

京浜急行電鉄

お問い合わせ電話番号:03-5789-8686
受付時間:平日7:30〜21:00 / 土日休日9:00〜17:00
ホームページ:http://www.haneda-access.com/train

東京モノレール線

お問い合わせ電話番号:03-3374-4303
受付時間:平日9:00〜19:00 / 土日休日9:00〜17:00
ホームページ:http://www.tokyo-monorail.co.jp

区切り.png

CONTACT

TIAT SKY HALL(羽田空港国際線ターミナル4F) 03-6428-0456(10:00〜19:00)

区切り.png

ARCHIVE

クイーン初来日40周年記念
The Queen Day
開催日時2015年4月17日(金)19:00開演

−ライブ・パフォーマンス−
Queen Tribute Band : QUEER 
−トーク・ゲスト−
伊丹久夫(フレディ・マーキュリー専属ガードマン)
宇都宮カズ(75年の初来日から、2014年のサマソニまで全てのクイーン来日公演に関わる)
小林のり子(1976年以降2回目の来日から通訳を担当)
MC&構成 : 石角隆行(クイーン研究家)


TheQueenDay(EVENT_header)960-600.jpg

フレディ マーキュリー生誕70年アニバーサリー・イヤー
The Queen Day
開催日時:2016年4月16日(土) 16:00開演

−ライブ・パフォーマンス−
Queen Tribute Band : QUEENESS
−トーク・ゲスト−
笠原正樹(Queen元舞台監督)
長谷部宏(MUSIC LIFE/フォトグラファー)
MC&構成 : 石角隆行(クイーン研究家)

2016_0616-The-Queen-Day-(340).png

世界に捧ぐNews of the World リリース 40周年記念〜
The Queen Day
開催日時:2017年4月15日(土) 16:00開演

−ライブ・パフォーマンス−
Queen Tribute Band : GUEEN
−トーク・ゲスト−
和久井光司(総合音楽家)
MC&構成 : 石角隆行(クイーン研究家)

2017_0415-thequeenday.png

MUSIC LIFE CLUB Presents
The Queen Day Vol.5 ~QUEEN JAPAN TOUR‘79 40周年記念~
開催日時:2018年4月14日(土) 16:00開演

−ライブ・パフォーマンス−
Queen Tribute Band : GUEEN
−トーク・ゲスト−
松林天平(ワーナー・パイオニア時代の担当ディレクター)
シマあつこ(漫画家/8ビートギャグ作者)
MC&構成 : 石角隆行(クイーン研究家)

特設ページ:http://cittaworks.com/queen/2018

2018_0414-thequeenday2883w83b83_815b292.png